OLお仕事日記

日常のこと、副業のこと、お仕事のこと、つれづれと書いています。

社畜の作り方

残業後、会社に忘れ物をして取りに戻ると

「おはようございます!今日は早いですね!」と言われました。

 『まさかこれからもう一日働くということなのか・・・?』(心の声)

 

f:id:YAMAKO:20181122215043j:plain

(ブラックジョークだっようです。)

 

こんにちは、YAMAKOです。

今日は社畜について、書いていきたいと思います。

 

社畜について考える

「連日2時間以上残業してる」

「職場の飲み会が異常に多い&強制」

「頼まれたら断れない」

あなたはどれか一つでも当てはまりますか?そうした方は「自分は社畜ではないか」と思ったことがあるかもしれませんね。

 

社畜とは会社に飼いならされている人のこと。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思良心を放棄し奴隷家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

正社員正規雇用)のみならず非正規雇用全般(アルバイトパートタイム派遣社員契約社員嘱託社員等)で、1日8時間より多く働く者も同等とされる。社畜について調べると

(出典:wiki

 

 

 

現在2回転職していますが、ずっと社畜風味な社員でした。(遠い目)

どんな風にして社畜が出来上がるのか、書いていきます。

悲しくなるので、不謹慎ながらも、明るく3分クッキング的なノリでいきます。

(♪パラパパッパ、パラパパッパ、パラパッパッパッパパラパララ〜)

3ヶ月でOK!「若手社員の社畜風味」作り方

f:id:YAMAKO:20181122221542j:plain

材料:

・純粋な新人 ×1

ブラック企業 ×1

・怖い先輩 ×適量

・厳しい経営者 ×1

※お好みで「無力な同僚」「先に辞める先輩」を加えてください

1.最初の段階で、反抗できないようにしっかり教育

下味はこれにつきますね。

新卒1社目で入った会社は、イベント系の会社。仕事自体はとても楽しかったですし、今でも感謝しているのですが、教育がとってもとってもしっかりしていたことをよく覚えています。

できなかったことに対して「なんでできなかったのか」泣くまで詰められましたし、できてない先輩が殴られているところを目撃したことも。

もちろん言い訳はよくないのですが、何を言われても従順に取り組むように、最初にしっかり教育することが、社畜を作る第一歩と思います。

2.楽しくなってきた頃に、一気に仕事量を増やす

そして、数ヶ月が経ち仕事を覚えてくると、できることが増えて、一気に充実してきます。その頃から、徐々に、かつ着実に、仕事量を増やしていきます。

そうすると、仕事が楽しい=頑張ってしまう、という構図に。頑張るとこなせる量だったりすると、時間というリソースを投下してどんどんのめり込みます。

3.疲弊してきていても、改善しない

仕事をたくさんこなすのはステップアップには必要なプロセス。でも、適切な人員の増加をしなかったり、人がやめてしまったり。ここで厳しい経営者の出番。気づけば仕事量が多い状態を慢性化させていきます。

4.ご褒美で前向きに社畜

忙しい毎日でも、周りから認められたり、成果が出てきたりすると、努力する=成果・喜び・美学に変わっていきます。そして周囲もそうした社員が多くなってくると、いつも頑張るのが当たり前になり、仲間意識が芽生えて、会社全体の価値観が社畜風味に。

完成!

f:id:YAMAKO:20181122224144j:plain

こうして立派な企業戦士が出来上がるわけですね。

当時、ボーナスは業績連動型だったため、なかった年もありました。よく覚えているのは、黒字が出た年に8万円もらったこと。仕事があまりできない自分にボーナスを払ってっくれたことが嬉しかったですし、お休みの日に働くのも「頼りにされている」と感じて喜ばしかったです。

 

社畜あるある

社畜もささやな復讐を。

友人に話を聞くと、社会に出たての頃は程度の差こそあれ、大抵社畜のような時期を過ごした経験があるようです。

ホリエモンみたいな人は別として、普通の人が、一定の技能を身につけていく上で、時間を最大限に投下する時期は必要なのかもしれませんね。

でも、まぁ。ただそれだけだと悔しいので。

会社に使われるだけでなく、自分自身のスキルだったり、経験だったりを高めることに繋がっていく業務を選んだり、頑張って定量的に示せる結果を出したり、自分自身の価値をあげていく時間に、少しでも変えていくことが、ささやかな取り組みなのかと思っています。

 

もしあなたが社畜風味の人だったとしたら、あまりにひどい場合は転職を。

そして、ちょこっとであれば、今の努力を自分自身の人生の豊かさに繋がるように、意識してみると良いのではないでしょうか。

 

今日はちょっとブラックなお話でした。でわでわ。